目的

小腸の蠕動運動は自律神経系により制御されている。交感神経機能が亢進すると運動は抑制され、副交感神経機能が亢進すると活発化する。実験では副交感神経作用薬 の小腸輸送に及ぼす効果を観察する。

 

結果

 

 理想的実験結果ではないw

考察

Loperamideはモルヒネのように平滑筋の緊張を高め、便秘をおこすさようがあるが非麻薬性である。これは結果と合う。 Atropineは抗コリン薬で平滑筋の活動を抑制するが結果ではcontrolより輸送率が低くなった。これは11班の実験失敗が原因である。 Pilocarpinはコリン作動薬、neostigmineはコリンエステラーゼ阻害薬なので、両方腸の平滑筋の活動を促進するが実験結果では neostigmineは輸送率が高くなったが、 Pilocarpinではむしろcontrolより低くなった。これも11班の実験失敗が原因である。

 

結論

Loperamide Atropineは腸管平滑筋の活動を抑制し、 Pilocarpin neostigmineはその逆であるはず。正確な結論のためにはより多いdataが要る。

 

Posted by 찬재

댓글을 달아 주세요