目的

小腸の蠕動運動は自律神経系により制御されている。交感神経機能が亢進すると運動は抑制され、副交感神経機能が亢進すると活発化する。実験では副交感神経作用薬 の小腸輸送に及ぼす効果を観察する。

 

結果

 

 理想的実験結果ではないw

考察

Loperamideはモルヒネのように平滑筋の緊張を高め、便秘をおこすさようがあるが非麻薬性である。これは結果と合う。 Atropineは抗コリン薬で平滑筋の活動を抑制するが結果ではcontrolより輸送率が低くなった。これは11班の実験失敗が原因である。 Pilocarpinはコリン作動薬、neostigmineはコリンエステラーゼ阻害薬なので、両方腸の平滑筋の活動を促進するが実験結果では neostigmineは輸送率が高くなったが、 Pilocarpinではむしろcontrolより低くなった。これも11班の実験失敗が原因である。

 

結論

Loperamide Atropineは腸管平滑筋の活動を抑制し、 Pilocarpin neostigmineはその逆であるはず。正確な結論のためにはより多いdataが要る。

 

Posted by 찬재

댓글을 달아 주세요

Rhapsody of fire2014.06.08 22:23

12년 만의 방한 공연

난 일본에 있는관계로 가지 못하였지만 직찍 사진은 있음(여동생 강제로 보냄 갔다온 여동생 랩소디 팬됨)

1시간 30분 예정이었다는데 2시간이나 했다고....

앵콜곡을 6곡인가 5곡인가 했대는데

일본에서는 안그렇겠지... 반응이 차갑겠지.. 애들이 반응이 뜸해서 앵콜 많이 안할거같아.. ㅠㅠ

목요일 시부야 젭라 ㅠㅠ


멤버들의 요청으로 사진촬영 금지였다던데

여동생 말로는 대놓고 맨 앞자리에서 멤버들 코앞에서 비디오 촬영하는 사람도 있었다고...

그럼 나도 도쿄 가서 사진정도는 찍어올수 있을지도...ㅋㅋㅋㅋㅋ 정리번호 493번이곸ㅋㅋㅋㅋㅋ

이날을 위해 lumia 1020을 샀단말임!!! 적어도 앵콜 에메랄드 소드 할땐 찍어야지 쫒겨나도 앞에공연 다 즐길술 있으니카 ㅋㅋㅋ






 of


Posted by 찬재

댓글을 달아 주세요

  1. jtv뉴비

    학교째고가신도쿄후기후기!!
    원정ㄷㄹㅎㄹ까지 포함해주세요

    2014.06.17 19:47 신고 [ ADDR : EDIT/ DEL : REPLY ]



◆目的

 局所麻酔薬は意識を消失することなく知を鈍麻することを目的として、科治療 においてく用いられている。局所麻酔薬は知 Naチャネルをブロックすることにより、神導を可逆的に遮する。今回、モルモットの皮膚の縮反を指標として、種の局所麻酔薬度および時間を比較し,各物の脂溶性およびタンパク質結合能との係について調べる。 更にアドレナリンを添加した場合の影響も察する。

結果

 

反応が「6」になった時間(分)

スコア合計

9

10

11

12

9

10

11

12

生理食塩液

5

5

5

5

72

72

72

72

プロカイン

60

55

45

>60

15

20

27

4

リドカイン

55

60

35

45

30

19

38

29

メピバカイン

20

>60

50

>60

65

166

22

8

ブピバカイン

>60

40

>60

>60

0

35

0

1

リドカイン+アドレナリン

>60

>60

>60

>60

0

2

0

0

 

考察

プロカインは、エステル型の局所麻酔薬の一つで麻薬であるコカイン代用薬であり、毒性はコカインよりも弱い。日本では塩酸プロカインとして収載されている劇薬、指定医薬品である。作用機序は神経の電位依存型Naイオンチャネル阻害による。コカインに比べ粘膜からの吸収が弱く、表面麻酔には不適当である。また、エステル型の局所麻酔薬は血中のエステラーゼで容易に分解されるため、プロカインはアミド型の局所麻酔薬であるリドカインよりも加水分解されやすいのでリドカインより麻酔時間が短い。浸潤麻酔、脊髄麻酔に用いられる。

リドカインは、世界で最も広く使用される局所麻酔剤であり、抗不整脈剤でもある。また、神経痛や手足のしびれの症状の一部にも有効である。

薬理作用はナトリウムチャネルに結合し、ナトリウムイオンの透過を阻害して活動電位を不活性化することにより、神経伝達を遮断する。心拍にもナトリウムチャネルが関与しているため、不整脈改善効果を期待して使用される。

局所麻酔薬として 0.5%,1%.2%のリドカイン製剤が市販されている。表面麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔に用いられる。

アドレナリンと 併用する場合 アドレナリン血管拡張作用を有するので麻酔時間が延長される。麻酔時間延長以外にもアドレナリンを併用することで急性中毒の防止、手術野の明視の効果が期待できる。しかしアドレナリンは代謝亢進効果もあるため高血圧症,糖尿病,甲状腺機能亢進症の場合には投与が禁忌される。

メピバカインはアミノアミド型の局所麻酔薬の一つ。メピバカインは適度な発現時間(プロカインより早い)、中等度の持続時間(プロカインより短い)を有し、CarbocainePolocaineなどの種々の商品名で市販されている。

浸潤麻酔や局所麻酔のために使用される。

 

ブピバカインとはアミノアミド型に分類される長時間作用型の局所麻酔薬の一つ。アストラゼネカからMarcainMarcaineSensorcaineVivacaineなどの種々の商品名で販売されている。ブピバカインは浸潤麻酔、神経ブロック、硬膜外麻酔、脊椎麻酔などで局所麻酔を誘導する。

 

結論

細胞膜はリン脂質の二重膜であるため,非解離型で脂溶性の薬物は容易に通過して細胞内に入るが,解離型で水溶性の薬物は細胞膜を通過しにくい.したがって,解離型と非解離型の存在比は,細胞内で作用する薬物に大きな影響を与える.

脂溶性がこの結合タンパク質を持っているので、脂溶性のタンパク質結合能は相互関係である。結論として、脂溶性の高い薬が強さと持続時間が強い。また、アドレナリンを添加すると、血管の収縮をして全身に行くのを防ぐため、効果が強い

 


Posted by 찬재

댓글을 달아 주세요